読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さなぎのなかみ

思うこと諸々。

ものごとのわかるとき

近藤聡乃エッセイ集『不思議というには地味な話』中の一遍に、こんな逸話が紹介されている。 ・幽体離脱したら、天井の隅にいつの間にか穴が空いていてすいこまれた。中はびっしりと水晶が生えた空洞で、とても心地良い音楽が流れていた。そこをゆっくり回転…

夢の中で入るコンビニは品物が入荷されない

気付いたら店内で何かを買おうとしている。ふらふらと、何処かへ行くついでに寄ったようだ。目的地に着くまでの腹ごしらえのつもりなのか、パンや菓子の棚の前にいる。隙間が多く、透明のプラ板が目立つ。だいたいが、食べたいものが見つからなくて、そのま…